喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

壁をやっと塗り終えた今、私はすがすがしい【漆喰編】

壁をやっと塗り終えた今、私はすがすがしい

ほぼ1年前のことですが、台所と和室の壁を抜いて一部屋にしました。

f:id:nogajika:20150613133508j:plain

壁をぬく作業は大工さんにお願いしましたが、DIYは嫌いではないので壁は自分で塗る!と主張。「いや~大変だよ~(ニヤリ)」と業者さん達に諭されるも、汗だくになりながら夏の夜、仕事後に塗り続けました。半ば意地でした(涙目)。

  

その名も「うま~くヌレール」

 

日本プラスター うま?くヌレール 18kg 白色 12UN21_5145

日本プラスター うま?くヌレール 18kg 白色 12UN21_5145

 

 漆喰です。旧和室(写真、緑色部)の壁はいわゆる砂壁でした。建ててから25年もたってるので強くなでるとボロボロ落ちてくる状態。ペンキだとおそらく近い将来何回もの塗り直しが必要になると考え、漆喰だったら塗りこめられるのでいいのではないかと。あと台所は普通の壁紙が貼ってあったので、壁紙と砂壁どちらも上から塗っていける漆喰がベストだと思いました。

f:id:nogajika:20140825112733j:plain

 

この「うま~くヌレール」は最初から練ってる状態なので、養生さえしてしまえばすぐに取り掛かれます。素人には漆喰と水を練り上げていくのが大変と聞きました。きっとこちらの製品は割高ではあるのでしょうが、私にはこれで正解だったと思います。

 

漆喰を塗る為に必要な道具

  1. こて:以下のうま~くヌレールこては、コテ部がプラ製なので軽くて塗りやすかったです。鉄製も使ってみましたがちょっと重いような。重さを利用して塗れるようになると良いのかも。ですが、初心者や女性にはこちらがよいかもしれません。ただ或る日塗ってる最中にばきっと折れてしまいましたので今手持ちにはありません。

    漆喰 うま?くヌレール こて UK-220

  2. こて板:大工さんが作ってくれた愛あふれるコテ板。市販品ももちろんアリマス

    f:id:nogajika:20150613134505j:plain

  3. あと漆喰。この三つがあればなんとかなります。コマかい部分は小さいヘラ(お好み焼きで使うやつ)を使ってたりしました。 

漆喰をぬるこつ

一年前のことであんまり覚えてません(爆)。早く終わらせたい一心でしたので、無の境地だったのかもしれません(空目)。が、記憶の糸をたどると。

  1.  一に養生、二に養生。壁紙がはがれかけてる箇所カッター等で切り取っておく。
  2. 利き手が右手の人は左下から上に向かって塗り上げていくと力がいれやすい
  3. こまかいところは先に塗りつぶしておくといい
  4. 2度塗りは必ず必要。1度塗りの際に下の壁色が透けてたり、カバーしきれてないと思っても、2度塗り目ではOKなところが多いです。1度目の際は若干薄めに塗ってもよいかもと思いました。

 

実際塗り終えた時の感想

 

  1. 朝起きて台所に入るとま、まぶしい・・・と感じた。(光の反射率がよいらしいです)
  2. よくわからないが、空気がすがすがしい・・・と本気で感じた(防カビ、調湿性があるらしいです)
  3. 素人が塗った割にはちょっとカフェ風?とおもった(自画自賛)。ちょっとはみ出ててもご愛嬌。

 

実際良い事づくめでした。1年たった今も悪いところは見つけられません。漆喰万歳!出来れば別部屋や階段壁なども塗ろうと思ってます(5年計画位で)。

心配だったら「うま~くヌレールLABO」

とは言うものの、ネット上では実際の色がわからなかったり、塗り方などわからないなど心配はありますよね。この「うま~くヌレール」製品をだしてる(株)プラスターでは実際に見て、体験できるショールームが東京・上野にあります。

私も実際行って色を決定しました。色は実際塗ると薄く出る事が多いようです。実際の壁を見て、確信をもって決定することが出来ました。実際塗り方も教えてくださいます。これは皆様にそうなのか、わからないのですが『鹿児島から来たんです~』と鹿児島アピールしたら、『プレゼントです』と、”うま~くヌレールコテ”頂きました。ありがたやありがたや。

うま〜くヌレールLABO / うま〜くヌレール

漆喰編終り

・・なんだかうま~くヌレールの宣伝記事みたいになりましたが・・・。ヌレールに限らず、漆喰ならよいんだと思います、きっと。1年たった今でも我悔いなし。ただ無理をすると確実に腰をやられますので注意してくださいね(わたし)。

こちら塗り終えた写真。長押下は水色、上は白にしてます。

f:id:nogajika:20150610182911j:plain

 

あとは一柱、漆喰を塗らなかった場所があります(写真右の白い部分)。アクセントに別色を塗ろうと思ってたのです。お試しペンキを3色塗って検討してました。検討してる間にあっという間に一年たってしまったのは不思議アルネ。という訳で今回やっとこ柱も塗り終えましたので、後半はペンキ編にしたいと思ってます。

 

続・ペンキ編はこちら

nogajika.hateblo.jp

広告を非表示にする