読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

【読後感】学校では教えてくれない音楽

 

【読後感】学校ではおしえてくれない音楽

 

 先日巨大イベントに参加してなぜかこの本のことを思い出してしまった。

 

学校で教えてくれない音楽 (岩波新書)
 

この本を読んだのは大分前になるのだけど、 この中でこういう言葉があったようにおもう。

 

教育では西洋の音楽体系を教えるところからスタートする。そうではなく、とりあえず音を出して場をシェアしたり、関係性を作り、ルールを見出すのは音楽ではないか?

 

音楽というのはその人が社会のどこに所属しているかというアイデンティティとかなり結びついてる

 

このまえ数万人という人が集まり踊るコンサートのさなかに、ふと思い出した。

 

確かこの本では”盆踊り”の話もでてくる。盆踊りでは、音楽は祭りの空間のなかの一パートなんだと。

 

本来音楽というのは祝祭の一部で、共有してその場を生み出すこと。それはイヤホンを耳に突っ込むことで社会との繋がりすら拒絶することが出来るのとは対極にある

 

コンサートでは盆踊りもでてきました。だから思い出したのかな。

 

うーん、なんだろう。まだ頭がまとまってないのですが、とりあえずメモっておきます。

 

 

 

 

広告を非表示にする