読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

ぐっばい、みずきりかご

ここ5.6年かけて実家の色んなものを断捨離しつづけてます。祖母のものと我が家族のもの。なかなか手強い。


モノを捨てる苦労は味わい尽くしたので、モノを購入したり、我が家に新しいモノを持ち込むことには大分慎重になってます。
ここ数か月新しい食器洗い用の水切り籠が欲しいなと思いつつ、サイズ、デザイン、コスト等々全ての条件が私の中でぴったりと来るものがなく、竹ざるを代わりに使い続けてました。


でも数日前におもいついた。


水切り籠つかわなくてもいいんじゃ。。。吸水性の良いタオルしいてその上に洗った食器のせればいいじゃないかと思いついたわけです。かごの中だとほおっておきやすい食器もこれだと強制的に片付なくてはならず、ずぼらな私にぴったり。水黴が発生しやすいトレーやかごを洗う必要もないし、食器をしまった後はささっとタオルでカウンターの水気も拭いて洗濯機へぽいっ。一連の作業が終わればその空間で別な作業をすることもできる。いいことづくめ。

私的ユリイカ。


他人からみたらまあ些末なことなんだけど、水切り籠は台所の必需品、“そこにあるべき”という執着がすぅっと放たれた一瞬でした。
なんでそんなにこだわってたのかしら。


執着ってこんなものかも。ある瞬間でなくなる。


でもすべての執着は完全になくならないから、私はまた新しいものを求め、巻尺を持ち歩きショップでサイズをはかり、ネットで探し、あれでもないこれでもないと迷い続けるかもしれません。


そしてまた気づく。これは私にとって必要ないものかも。。それは同時に自分にとって無くてはならないものに気づく瞬間でもあったりして。禅問答みたいだ。



要するに台所の問題が一つ解決してかなりすっきりした私なのでした。久々私的ツブヤキ。

広告を非表示にする