読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

〜Strings and Serpents Fall 2014 tour〜

アメリカ到着。
アメリカに行きつくまでに、もう〜これでもかっ!!って位次々にハプニングが起こったので、無事アメリカ着いた時は本当にほっとしました。

今回のアメリカツアーは私の中での最長海外ツアー約1月間の滞在。

事の起こりは、2010年、邦楽ジャーナルプロデュースのAPAP@NY へTsuguKaji−KOTOで参加し、NY在住のジャズピアニストAndy Milneがその舞台を偶然みた事。彼は私たちの舞台を見た瞬間、デュオのピアノとデュオの箏が出会ったらきっと面白いものが出来ると思いつき始まったプロジェクトがこの“Strings & Serpents ”なのです。Andyとは全く面識はなかったのだけど、その後彼は私達のカナダ公演にも来てくれ初めての顔合わせ。そこからAndyは2年かけて、フランスからBenoit Delbecq(アンディの相方)と私達TsuguKaji−KOTOを2012年CalArts(California Institute of the Arts)でのレジデンスアーティストとしてアメリカに呼び寄せてくれます。
Calartsで2週間滞在し共同制作した作品を終に!お披露目しようというのが今回のツアーです。実に41年がかり。これだけの時間と手間をかけて、こんな大掛かりなツアーを組んでくれたアンディに本当に感謝。


ペンシルバニア州HuningtonのJuniata College でのレジデンスアーティストとして、2年前に作った曲の記憶を呼び戻し、そしてカナダ在住のSaki Murotaniが作ったアニメーションとの同期を繰り返してます。



実は私大学時代1年間だけ、ペンシルバニアに交換留学生で住んでいたのですが、私が以前いたところはフィラデルフィアという大都市。
ここは郊外になり、とてもゆったりした雰囲気が流れてます。スタッフや大学側のFacultyもしっかりしているので、リハ三昧だけれどとても居心地のよい数日を過ごしてます。


Juniata college側の大歓迎ムードは有難い限り!(^^
カレンダーやら大きな垂れ幕やら(笑)↓↓↓


今日はリハ最終日。このCozyなスペースを抜けだし、NYに本日向かいます。
明日は終に 1st PREMIERE!!! “Stirings and Serpents”いよいよ始動です。


明日からは移動の連続になり、体力的にはきっと大変な気もしないでもないけど、とてもワクワクしてます。
もしこのブログをたまたま見て、アメリカに友達のいる方、以下のところでコンサートをするので是非お知らせください。

【Strings and Serpents Fall 2014 tour】
10/16 Rubenstein Atrium @ NY 19:30
10/18 Halbritter Center for the Performing Arts @Huntingdon PA 19:30
10/22 Gorell Recital Hall @ Indiana University of Pennsylvania 20:00
10/23 PianoForte Foundation @ Chicago 19:00
10/26 REDCAT Theater @ Los Angels CA 19:00
10/27 ROD Hall @Valencia CA 14:00
10/28 Packard Hall @Colorad Springs 19:30
10/29 Flynn Center for the Performing Arts @Burlington VT 20:00
10/30 Quebec City Jazz Festival @Quevec CANADA 20:00

広告を非表示にする