喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

長野県岡谷市カノラホール螺鈿コンサート終了いたしました!

長野県の中でも寒いという岡谷市。楽器満載の車で当日入りするため、雪が降りませんように祈ったおかげか、当日はとても天気よく一安心。

時間通り会場入りし、リハもカノラホールスタッフの皆様のおかげで滞りなくオンタイム進行。

1部は螺鈿隊レパートリーの中から4曲。『螺鈿』『紺碧く』『足踏み中毒』『アルカディア』今回は調弦替えもいっぱいあったのでおしゃべりも満載。それぞれに色んな事しゃべりました(*´艸`*)
そして2部は栗さんが構成してくださった『島ひきおに』を。この『島ひきおに』はもともと山下明生さん原作の絵本。
鬼というと通常恐怖の対象。でもこの絵本では鬼は人懐こいキャラクタとして描かれ、それに比するように人間の残忍で時にずる賢い一面がクローズアップされてます。最後は鬼の孤独さに少し悲しくなってしまう。そんな物語。
螺鈿隊がこの絵本を語りきれたのかしら(演奏も含めて)とも思いますが、演奏と共に語りをいれるという新しいチャレンジをしたことは螺鈿隊にとっては素晴らしい経験になりました。

良い機会を与えてくださった栗さん、そしてカノラホールの皆様方に感謝。

またお寒い中足をお運び頂いた皆様本当に有難うございました!



(なんだ、この写真・・・??)

広告を非表示にする