読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

コトコト in 天草

過去ログ

8月22-24日コトコト山野安珠美ちゃんと天草へ行ってまいりました。


熊本県では、県立劇場を中心に、県内市町村ホールとの連携が強く、定期的にそういった市町村ホールの方々が集まり座談会や質疑応答などが行われておりました。その一環として、邦楽での模擬アウトリーチを披露するため、私達コトコトが天草に向かったのでした。


地域創造の活動をしてきたコトコトにとっては、“アウトリーチ”という言葉は馴染みにあるものになってきたものの、実際アウトリーチってなんだろう?と思われる方の方がきっと多いはず。それだけに熊本県立劇場の方々がこうやってその活動を市町村レベルまで浸透させていこうという熱意を今回はとても強く感じました。呼んで頂き本当に有難かったです。

(会場となったのは、苓北町の志岐集会所という所。想像に反して(!?!)とてもモダンな建物でした。)


前日は少し早めに天草に入り、あずみちゃんと天草ドライブ。
こんな素敵なモノを発見しました。↓↓『ESOPO』


お土産屋さんにて、おまんじゅうやらせんべいと一緒に売られていたこの本。表紙に心惹かれて思わず買ってしまったこの本は、今から400年以上前に天草でラテン語から日本語に訳され印刷された「天草本伊曽保物語」の、いってみればリバイバル版。天草に縁のあるアーティストやデザイナーさんが作った作品です。


イソップ物語ってこんなんだったかしら???と思いつつ読みふけってしまいました。何よりこの本の中の登場人物のイキイキしてること。クレイ作品を改めて見直し、本全体のデザインもとても素敵だなぁと思いました。


なかなか一般的な書店では手に入りにくそうな本でしたが、ウェブも見つけましたので、もし興味をある方はこちらを参考になさってくださいね!
ESOPO Websiteはこちら


イルカウォッチングも行ってきましたよ。天草では98%イルカが見れる!と聞いてはいたものの、ホント見渡す限りイルカだらけ!船にも怖がらず、むしろ遊んでるかのようなかわゆい仕草に癒されました(*´艸`*)


その土地土地でしか見れないものを見れたり、今回の『ESOPO』みたいな素敵な作品や活動に出会えたりするのもアウトリーチの醍醐味。プログラムが一緒だとしても、地元の自然を感じたり、地産のものを食べたり、そして何よりその土地の人に出会える事で、演奏も変わってくるのも面白さの一つかもしれません。


鹿児島から思いのほか近かったのも今回の発見の一つ。イルカちゃんに会いたくなったらまた行こう!と思った天草滞在でした(^^)。

広告を非表示にする