読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

 Koto×Koto in 関西

イタリアから帰ってきた翌日は大阪へ移動。大阪宝くじドリーム館で山野安珠美ちゃんとコンサートでした。
宝くじドリーム館!今回初めて知ったのですが、東京新橋と大阪なんばにあり、宝くじの歴史や過去1年間の当せん結果等をがわかる”情報検索スペース”があるんだそう!私も当日体験コーナーで現金1億円の重量を体験させて頂きました。想像してたよりずっと重かった!!(本物を持ってみたい!!)


今回のテーマは「コトコトと昼下がりのコト涼み」。という訳で初の浴衣を衣装に演奏させて頂きました。ここのお客様。常連の方が多いのか本当に熱心に聞いてくださって、このランチコンサートの浸透ぶりを体感いたしました。

当日は関西在住の胡弓奏者木場大輔さんと箏演奏家伊藤麻衣子さんもいらっしゃってくださって、とても嬉しかったです。木場さんには途中の“押手体験コーナー”で(強制的にw)参加!最後は4人でパチリ!偶然ではありますが、二人の浴衣の色が背景にあるロトとナンバーズの壁紙の色と一緒で、木場さんに褒めて頂きました(笑)。


コンサート終了後、私は一度鹿児島へ御稽古の為戻り、数日後また東京でリハを何本か済ませ滋賀へ。琵琶湖ほとりのガリバーホールでコトコトCDの録音でした。ホールでの録音は久しぶりだったような気がするのですが、音がぽーんと解放される感じで弾きやすかった。



とはいうものの、一発録りはやはり精神的にも体力的にもタフでなければならぬ!と痛感。しかしなんとか時間内に終了できたのは、今回CD制作をしてくださるStudio NAT の山本さん、レコーディングエンジニアの大塚さん、そしてそしてレコーディングアドバイザーとして、東京からわざわざ来てくださった作曲家の一ノ瀬響さんが客観的に見守ってくださったおかげ。繰り返し弾いていると私達もループに陥ることが時にあり、それをこの御三方がうまーくすくい上げてくださったような気がいたしました。感謝です。

(左から一ノ瀬さん、安珠美ちゃん、山本さん、私)

広告を非表示にする