読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

ゴッタン先生甑島にいく

過去ログ

以前からこのブログでもお伝えしておりますゴッタン。
南九州のあちらこちらで弾かれていたというこの楽器ですが、最近は幻となってしまった木製三味線。


このゴッタンを甑島に住む皆で弾き歌いたいという強い希望をもつKOSHIKI ART PROJECT の齊藤 純子さん。
何年も前から彼女とは話していたのですが、今回タイミングとチャンスがばっちりあい、ゴッタン先生(!?!)として甑島に行ってきました。

(ゴッタンとこっぱ餅)

というものの私も実はゴッタンという楽器そのものは初めてなので三味線弾きの友達にアドバイスをもらったりしながらのチャレンジ。
今回はまず撥を何種類(津山撥、木撥、鼈甲撥、三線用の指にはめるタイプのもの、ギターピック等)を並べ、どれがこの楽器にあってるのか、皆が弾きやすいのはどの撥か。
そして楽譜は使うべきか?使うんだったら地唄、民謡?工工四?それとも五線譜?などなど純子さん達と話し合いつつの手さぐり稽古でした。


夜の20時集合して解散したのは夜24時前。最初の御稽古は全員一緒に弾くところまで行けなかったけど、次回からの目標がしっかりと定まったので、これは前進への確実な第一歩。一歩一歩着実に進めていきます。


それにつけても、こうやって楽器を通じて、地域を元気にするお手伝いできるのは本当に嬉しいこと。音楽で地域に恩返し循環できる機会をくれたことに感謝です。


(↑初めて見た!リトケイ(離島経済)新聞。)

とりあえずは今ゴッタンを弾きたいメンバー全員がスラスラ弾けるようになることが第1の目標。そしてその輪が広がって、次のフォロワーが出るまでになったらいいなと密かに思ってます(そのわりには公言( ̄∀ ̄)・・)

広告を非表示にする