喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

 作曲家グループ『邦楽2010』発足記念コンサート終了!

≪邦楽2010≫とは!

2010年9月1日発足した邦楽器を扱う洋楽出身の作曲家グループです。
HPがあるので、詳細はこちらをお覗きください。

≪邦楽2010HPはこちら!≫


という訳で、先日勤労感謝の日
この≪邦楽2010≫発足記念ライブで演奏させていただきました。
この日は8人の作曲家がそれぞれの曲を出展という形をとり、
演奏家もその作曲者本人が依頼する形だったのでいろんな顔ぶれの方がそろいました。
同じ洋楽系作曲家、邦楽演奏家といえども
やはり活動エリアが若干違ったりするので、
この日はめったにお会いできない方にもお会いすることができたり
面白かったです。
お客様にとっては、とても贅沢な会だったのではないかと思います。


私は溝入敬三さんの『山椒魚』を弾かせていただきました。
30分弱ある曲を、この日は15分でぶつっっと切る形で。
長い曲で、一人でずーっとしゃべる歌うを続ける結構ハードな独演曲。
この日は東京での初演日でもあり、聞いてる方々は演奏家や作曲家や評論家などなどほぼ玄人!(笑)
一恵先生もいらっしゃってたりして、、、
どういう風にお客様に聞こえるのか、
心配で珍しく緊張ぎみの私でしたが(^^;
終演後「あの後山椒魚どうなっちゃうのーー?」と
何人もの方に聞かれたので、
あっ、ちゃんと物語の風景が見えてたんだと、ちょっと安心しました。
自分の中でも改めてこの曲の面白さを再発見しました。
この曲はいつかちゃんとした形で東京披露させて頂こうと思います。
続きが聞きたい方は、いつか行われるであろう私のリサイタルに来てくださいね(笑)
よい機会を与えてくださった溝入さん、有難うございます!


という訳で終演後は会場の渋谷クラシックス
そのまま懇親会。
わいわいおしゃべりして帰ってきました。


鹿児島に来てくれたメンバーが7人中6人再度
たまたまた集まってしまった夜でもありました(笑)


(大塚茜先生の『闇切拓』チーム)

(『山椒魚の気分になって!!』といわれ、穴から出られない山椒魚の苦悩を表現してみました)

広告を非表示にする