喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

島津義秀さん薩摩琵琶独演会

『俺ふぇす』の前々日、島津義秀さんの薩摩琵琶独演会を聞いてきました。
島津さんはその名でなんとなく皆様わかるかと思いますが、
島津家縁の方で、東京育ちですが、薩摩の文化を継承すべく
現在は精矛(「くわしほこ」とよみます)神社で宮司をされてます。
東京で演奏会をされるのは初めてとの事。


琵琶と天吹の実演、そして説明をしながらの90分。
薩摩では、琵琶と天吹と自顕流という武術がセットで
郷中教育の中で教えられてたのだそう。
この教育制度の中で伝えられるのは
体の強靭さと心の豊かさと精神性の高潔さって事なのかな。


島津さんはこの薩摩の教育制度が現代に伝わってないことを危惧し、昔のように国を背負う人間を育てようと奮闘されてるのだそう。
島津さんの演奏スタイルは昔から口承で薩摩に伝わるそのままの形。
本当は人前では演奏してはいけないと云われていた薩摩琵琶。
だけれども、伝えていく為に公然の場で演奏しようと決意し、今では色んな所で講演されてるのだそう。
うーん、熱いなぁ。

【↓↓もっと知りたい方は島津義秀さん著こちら↓↓】

薩摩の秘剣―野太刀自顕流 (新潮新書)

薩摩の秘剣―野太刀自顕流 (新潮新書)


変わらないものと変わるもの。
今日、飛行機で読んだ勝間本にも書いてあったなぁ。


『伝統芸能だって、すべて昔のままでは顧客が離れてしまうように、自分の中で変化をさせる部分とかたくなに守るべきものを区別しながら、果敢にチャレンジを繰り返す必要があるのです』


日々考えること。

どうやったら邦楽が聞く音楽になるんだろう。
どんな形で演奏していけばいいんだろう。
音楽としてどうやって成立させたらいいんだろう。


だけど


変わらないことは時に変わることより難しいもの。
変わることは時に変わらないことより難しいもの。


だよね。


でも『俺ふぇす。』やれて、ちょっと見えてきました。
ここ5年くらいのやりたいリストの選択ができたかも。
とりあえず、やりたいことはやりきるぞー!!



という訳で話は脱線しましたが、
独演会の後は『薩摩の会』というのに
初めてお呼ばれされたので行って来ました。
色んな業界の方がいて、ちょっと面白かったです。


今回の東京はビールと焼酎飲みすぎました。
さっき体重計ったら順調にスクスク太ってる模様。。。。ガーーーーン。

広告を非表示にする