喫茶去

日日是好日。皆様にとって毎日が好き日でありますよう。

                                                                                                                  こなつ

川俣夜山さんの会も終わり・・

さてちょっと前にさかのぼりますが
12月14日の川俣くんの自主コンサート
『作曲者別川俣夜山の会Re〜沢井忠夫作品を集めて〜』
これが今年の本番納めでございました。

最近忠夫先生の曲を本番で弾いてなかったので
なんだか初心に戻る思い。
忠夫先生の曲ばかりを弾いてた昔(?!?!)を思い出したり。
あの頃と私は何が変わったのか?
逆に何が変わらないものなのか?考えてみたり。
忠夫先生のあの作りこまれた楽譜の中で
自分の解釈や音楽感を出すにはどうしたらいいのか?
そもそも、先生の曲にそんなものが必要なのか?等々。


ともかく来年は自分の為にも
こういった曲を練習する時間ももっともっと
ふやさなきゃいかんなと反省もしたりしました。


それにしても川俣くんの人柄というか
良い意味で朴訥とした暖かな会でしたね。
一つ一つのコンサートに思いを込め
尺八にたいして、また楽曲にたいして
真摯に丁寧に日々むきあっている様子が
目に見えるようでした。
ゲストによんでくれてありがとうです。


という訳で気づけば今年も暮れに近づき
本番仕事は納めたものの
年明け重要なコンサートが続くので
なんだか毎日バタバタな日々です。


元旦から素晴らしいコンサートで今年を明けます。
是非皆様遊びに来てくださると有難いです。
近いうちに来年コンサート予告出しますね。